秋元康、エイベックスとのタッグで劇団をプロデュース

AKB48グループ総合プロデューサーで作詞家の秋元康氏が、エイベックスの松浦勝人社長とのタッグで劇団をプロデュースすることが分かった。

秋元康氏によると、「性別を問わず15歳以上の役者志望の方々を全国から募集し、『やってみなきゃわからない』という挑戦的な気持ちをコンセプトに劇団を発足する」と言う。

エイベックスは音楽の枠を越え、俳優も多数所属。川栄李奈もAKB48卒業後に所属し、舞台「AZUMI」主演など実績を積んでいる。


[関連リンク]


この記事をSNSでシェア