乃木坂46若月佑美が「第101回 二科展」にて5年連続入選

8月31日(水)から9月12日(火)まで、国立新美術館にて開催される「第101回 二科展」にて、乃木坂46の若月佑美が描いたデザイン画が、デザイン部のA部門に入選、これで5年連続での入選という快挙を成し遂げた。

A部門は自由テーマの部門となっており、若月が描いたテーマは「笑み」。

様々な意味を持つ「笑い」「笑顔」を疑問視して作り出された作品となっている。

「嬉しい事があると人は笑う。悪事を企んでいる人も笑う。世の中には愛想笑いという言葉すらある。笑うって一体なんだろう?本当の笑顔って何だろう?と、『笑い』や『笑顔』を疑問視しながら作品を作りました。また5年連続の入選を本当に嬉しく思うと同時に、いつかは入賞出来るように頑張ります!」と意気込みをコメント。

デザイン部で応募された作品数は約2,000点で、A部門での入選作品は約100点。

二科会デザイン部理事長の今村昭秀氏は若月の作品に対して、「作品にユーモアがあり、具象的かつ抽象的で、表現力が素晴らしい作品だと思います。」と絶賛している。

国立新美術館は、今年の5月にリリースされた乃木坂46 2ndアルバム「それぞれの椅子」のジャケット撮影を行なった場所でもあり乃木坂にある。若月にとっても何かしらと深い縁がある場所。

いつかは入賞する事も夢ではない。


この記事をSNSでシェア